蜂の種類を見極める~アシナガバチ駆除じゃない場合もある~

依頼するのはアシナガバチ駆除?~蜂が持つ特徴の違い~

はち

益虫である側面を持つアシナガバチですが、姿はスズメバチとよく似ています。しかし、スズメバチ駆除とアシナガバチ駆除の危険性は大きく異なります。判断を間違えると大変危険なので、その違いについて詳しく知っておきましょう。

種類によって違う特徴

アシナガバチ
性格はスズメバチと比較すると大人しく、危害を加えるか巣に近づかない限り刺してくることは少ないです。毒性はスズメバチよりも弱いものですが、アナフィラキシーショックになる危険性は十分にあり、刺される痛みはスズメバチよりも強いです。また、1匹で何度も刺すことができます。巣の形状は半球型で六角形の部屋がむき出しになり、大きさは10cmほどになります。その名の通り長い足を持っていて、後ろ足を垂らしながら飛びます。
スズメバチ
攻撃的な性格をしているため、こちらが危害を加えていない場合でも刺される危険性があります。毒性が他の蜂に比べて強く、何度も刺してくる上に仲間を呼び寄せるため見かけたら速やかに逃げるようにしましょう。俊敏性もあり非常に危険ですが、刺してくる前には顎をカチカチと鳴らす警戒行動を行います。巣の形状は球体で、マーブル模様が特徴です。小さいもので10cm、大きいと40cmほどになります。コガタスズメバチの場合、初期段階ではトックリのような形をしています。
ミツバチ
体のサイズが他の蜂と比べて小さいので見た目から判断しやすいです。性格は非常に大人しく、こちらが危害を加えない限り刺してくることはほとんどありませんが、知らない内に巣に近づき刺されることがあります。1匹が持っている毒性は弱いものですが、1つの巣にいる個体数が3万匹から8万匹にも上り、多くの蜂に刺されることでアナフィラキシーショックを起こすこともあります。巣は板状のものが連なる形をしていて、蜜が詰まっています。
TOPボタン